中絶手術を受けると決断│費用や心の準備をしておく

PASの予防

頭を抱える女性

東京で中絶手術を行なった女性は、自分が感じている以上に心身的、肉体的に負担がかかっていることがあります。特にPASの状態になっている方は予想以上に多いと言えるかもしれません。通称PASと言われている中絶後遺症候群は、手術を経験した女性にみられる症候群となっています。この状態におちいると、感情の起伏が激しくなり塞いでしまい人間関係から孤立してしまう傾向にあります。また自分でも予期せぬ場面で涙が溢れるといったこともあります。中絶後遺症候群になってしまうと、睡眠の質も変わってしまい安眠が難しくなることが多いのです。寝付きが悪くなり仕事や日常生活に支障が出てしまいます。このような状況に当てはまる場合は、ただちに心理カウンセリングを受けてストレスの軽減をはかりましょう。手術を行なう際にはカウンセリングの紹介も行なってくれるので、自分に必要ないと決めつけず、まずは術後ケアの1つとして利用してみましょう。

中絶手術後のカウンセリングは多少費用がかかっても、東京で受けるべきだと言えます。ストレスとは自分が思っている以上に大きい場合も多く、またそのストレスが術後すぐに体にあらわれるとも断言できないので、日頃から専門家に診てもらう必要があるのです。東京にはカウンセリングルームや心療内科が多く開設されているので、自分が通いやすいと感じる機関を利用すると良いでしょう。東京でカウンセリングを受ける際は、気取らずリラックスしてなんでも話すようにすれば、少しずつ自分と向き合えるようになります。